×
HOME>記事一覧>自由な暮らしを得るための選択として家を借りる

目次

土地にしばられず暮らす。

持ち家とは違い、賃貸住宅という選択をすると違う土地に自由に引越しすることができます。もちろん引越しにはお金もかかりますので、度々は難しいとおもいます。けれども持ち家で引越ししようとすると、土地や家を人に貸すのか、売却するのかなど、様々な手間が生じます。その点賃貸であれば、先に住みたい土地に住みたい家をみつけて引越しすることができます。例えば、転職先の会社の近くに住みたいとき、子供ができて家が手狭になったときなども賃貸であれば住み替えには便利です。もちろん大家さんと賃貸契約を結んで暮らしていますので、最低2か月前には引越しの旨を伝える必要はあります。

維持費がかからない

賃貸住宅のメリットとして、メンテナンス費用がかからないことは大きいと思います。古くなったり、壊れたりした箇所の修繕や電球の交換など持ち家であれば意外とかさみます。分譲マンションであれば、修繕費、管理費などの名目で月々で支払わなければなりません。賃貸住宅であれば、これらは大家さんが支払ってくれます。

集合住宅ではなく家を選ぶ理由

アパートや賃貸マンションではなく、家を選ぶメリットとして、音の問題は大きいと思います。朝早くから仕事に行く人、夜遅くに仕事から帰る人、小さな子供と暮らす人など、集合住宅では様々な生活環境の人がともに暮らしています。壁や床で隣の家と接している集合住宅では、かなり気を使う問題です。こうした面でも賃貸住宅で暮らすことはメリットが高いと思います。

広告募集中